入学・転入学


 1.入学転入学の手続き

 ① 学校長に連絡して説明を受けて下さい。就学には、日本語が話せ、理解できることが必要です。入学審査は父母が記入する「児童生徒調査表」及び面接に基づき学校長が行ないます。

 

 ② 入学が許可された場合、書記から必要な書類を受け取り、会計と所定の手続きを行って下さい。

 

  学校長が特に認めた場合は、入学審査日から1ヶ月を限度として体験入学をすることができます。この場合の授業料は補習校:131.00ユ-ロ、さくら幼稚園:1週20.00€となります。

 

在籍していた学校を転出する際に受け取った転出先学校宛の書類(英文の在学証明書や成績証明書)は、当校に提出する必要はありません。書類は現地校にご提出ください。

**  保護者の勤務先が日本国法人、または日本国法人の現地法人である場合は、本校の設立母体である「日本企業懇話会」にその法人が加入されていることを入学の条件とします。

 

1.補習校  

  

平成304月現在、補習校の授業料は児童生徒1人あたり月額Euro 120.00とさせて頂いております。夏季休業、冬季休業、年度末休業等の長期休業中も一律お支払い頂いております。 

 

補習校の入学に際しての入学金は、児童生徒1名あたりEuro 135.00とさせて頂いております。 

 

また一家族の児童生徒数(幼稚園は含まない)が3人以上の場合、3人目から児童生徒全員を対象に入学金は全額免除、授業料は児童生徒1名あたりEuro 15の減額となります。

 

退学に際しての授業料の精算も月単位とさせて頂いております。 

 

児童生徒の入学審査日から一ヶ月を限度とし体験入学が可能です。体験入学は1授業日あたりEuro 31.00になります。

 


2.
さくら幼稚園

 

平成304月現在、幼稚園の授業料は園児1人あたり月額Euro 57.00とさせて頂いております。 

 

在アイルランド日本企業懇話会の非会員からは助成金としてEuro 57.004月または入園時(毎年発生)に徴収させて頂いております。学期の中途でご入園される方にも同額のご負担を頂いております。 

 

体験入学を3回までを限度にご利用頂け、一回につきEuro 20.00となります。 

 

 

3.授業料等のお振込み 

  

①授業料は各月月初に銀行振込でお支払い下さい(チェック、現金はお断りさせて頂いています)。お支払いの際、記録の為、会計担当にメールでご連絡を頂けると助かります。

 

出来る限り、まとめて(3ヶ月~半年毎が望ましい)お支払い頂けると助かります。また会計決算の都合上、年度(3月末)をまたいでのお支払いは避けていただきますよう宜しくお願い致します。

 

送金指示の際、摘要欄に1)生徒氏名, 2)該当月分を付して頂けますよう宜しくお願い致します。

 

④領収書の発行をご希望の場合、会計担当にPDFでの可否を含めお申し出下さい。

 

➄個別にワークブック等を講師から受け取った場合、会計にご一報下さい。日本円からユーロに外貨換算の上、ご請求させて頂きます。 

 

 <お振込銀行口座情報>

 

補習校: 

 

Account:DSJC HOSHUKO 

Bank:AIB 

NSC:93-10-12 

BIC:AIBKIE2D 

IBAN:IE32AIBK93101242296014 

Account No:42296014 

  

幼稚園: 

 

Account:DSJC YOCHIEN 

Bank:AIB 

NSC:93-10-12 

BIC:AIBKIE2D 

IBAN:IE33AIBK93101242296287 

Account No:42296287 

 

 

5. 本校で使用する学用品(日本から持参すべき物)
 
 ① 教科書 : 日本から年度途中に転入の場合は、転出校より受け取った教科書  給付証明書を持って、(財)海外子女教育振興財団で所定の教科書を受け取って来て下さい。その他、同所では海外での教育全般についての資料、情報を得ることが出来、教育相談も受けています。
 
《(財)海外子女教育振興財団 》
  東京都港区愛宕1-3-4 愛宕東洋ビル6階
   Tel  : 03-4330-1341  http://www.joes.or.jp
   Fax : 03-4330-1355
 
 大阪府大阪市北区梅田 3-4-5毎日新聞ビル 3階
  Tel  : 06-6344-4318
  Fax : 06-6344-4328
 
② 辞書類 : 国語辞典、漢和辞典、古語辞典、英和・和英辞典など、学年相当 のもの。
 
③ その他 :

・原稿用紙、絵画・習字道具や和紙などの日本的なもの。
・低学年の場合、日本で使用されているマス目のついた漢字練習帳等。
・日本の学校で使用していた一般的な文房具。

 

④ 教科書に関する問い合わせ先:

 

教科書に関するその他問い合わせについては、学校長又は日本大使館 領事班まで直接お問合せをお願い致します。http://www.ie.emb-japan.go.jp/itpr_ja/00_000016.html